Warning: The magic method InvisibleReCaptcha\MchLib\Plugin\MchBasePublicPlugin::__wakeup() must have public visibility in /home/doi1001/doi-nouen.com/public_html/wp-content/plugins/invisible-recaptcha/includes/plugin/MchBasePublicPlugin.php on line 37
6次化商品の総合化事業計画の認定 – 最上干柿の土井農園

6次化商品の総合化事業計画の認定

この度、最上干柿を使った新商品「柿重ね」が誕生いたしました。

この何年も多くの方に支えられ、応援をしていただき、いろんな成長を遂げることができました。おかげ様でここまでたどり着くことが出来ました。本当に感謝です。

それに伴い農林水産省より6次化の総合化事業計画の認定をいただき、認定式を行っていただきました。

6次産業化という言葉は、よく耳にするようにはなってきましたが、まだまだ1次産業、2次産業、6次産業?と初めて聞きましたと言われる方もまだまだ多いようです。

以下、抜粋です。

「6次産業化」とは、農林漁業者(1次産業)が、農産物などの生産物の元々持っている価値をさらに高め、それにより、農林漁業者の所得(収入)を向上していくことです。

生産物の価値を上げるため、農林漁業者が、農畜産物・水産物の生産だけでなく、食品加工(2次産業)、流通・販売(3次産業)にも取り組み、それによって農林水産業を活性化させ、農山漁村の経済を豊かにしていこうとするものです。

「6次産業」という言葉の6は、農林漁業本来の1次産業だけでなく、2次産業(工業・製造業)・3次産業(販売業・サービス業)を取り込むことから、「1次産業の1」×「2次産業の2」×「3次産業の3」のかけ算の6を意味しています。
言葉の由来は、東京大学名誉教授の今村 奈良臣(いまむら ならおみ)先生が提唱した造語と言われています。

参考資料

農林水産省ホームページ「農山漁業の6次産業化」
https://www.maff.go.jp/j/shokusan/sanki/6jika.html

たくさんの関係者の方々やマスコミの方にもおいでいただき、土井農園の紹介や土井農園の作る最上干柿、最上干柿の関連商品、またその他の加工品についても話をさせて頂きました。

それから出席者の方々に、柿重ね、ほしがきちょこ、最上巻柿の試食もしていただきました。最上干柿ファンの方もおられて嬉しい限りでした。

新商品の柿重ねは、最上干柿のヘタや種を丁寧に取り除いて開き、その間にクリームチーズと地元の味噌屋さん「まるみ麹本店」さんのクリーミーで優しい味わいの白みそをブレンドしたペースト、自家製ドライイチジク、くるみをはさんだ商品です。和と洋のテイストや、いろいろな食感や味を楽しめる一口で満足なものとなりました。お好みの食べやすい大きさにカットしてワインや洋酒などのお酒のおともにおすすめです。またコーヒーや美味しい日本茶とも一緒にお召し上がりください。

ホームページでの販売はもう少しお待ちください。

お問い合わせメールでも対応いたしますので、ご利用ください。

ご飯のおともシリーズ・割引きセール実施中!

ご飯のおとも

関連記事

コメント

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

コメントするためには、 ログイン してください。